komura-c.log

komura-cのWeb技術、音、生活のメモの備忘ログ

開発日記(7/5, 7/6)

作成 更新

7/5 やったこと

7/6 やったこと ・型定義直すaId→articleId, uId→uid, uName→userName ・Aboutページの実装 感想 uIdという風にした方がわかりやすいかと思ったがuidと小文字なのが一般的だったため、型を直した。Aboutページのマークアップは参考サイトを見ながらやった。目に見える変化はやはり楽しい。

メモ ・どこかでSubscribe、認証ガードで登場、pipe | asyncしないとObservableの値は流れない ・JSのreplace、gオプションをつけた正規表現ですべてのスペースが置換

const p = "hoge hoge fuga";
p.replace(/ /g, "-"); // => "hoge-hoge-fuga"

・$(index番号)で該当した値使える

const p = "{tarou,male}, {hanako,female}";
p.replace(/(\w+),(\w+)/g, "name: $1, gender: $2”);
// => {name: tarou, gender: male}, {name: hanako, gender: female}

・配列番号がiとして渡されてhtmlのタグ内で使える

*ngFor = “item of items; index as i

・functionsで型を使うにはfunctionsの下のディレクトリにインターフェースを入れる ・インターフェースのオブジェクトのバリューに?をつけることでそのバリューがあるなしを許容する型になる ・検証で要素がインラインかブロックか確認できる ・jsonパイプ、< pre >{{ obj | json }}< /pre > ・< pre > 要素は、整形済みテキストを表す


> 一覧に戻る