komura-c.log

komura-cのWeb技術、音、生活のメモの備忘ログ

Github-Flowと自分がよく使うGithubコマンド

作成 更新

Github-Flow

  1. 作業内容を書いてissue立てる
  2. ローカルのリモートブランチorigin/masterからローカルのfeature/xxx(issue番号)ブランチを作成
  3. 作成したブランチに切り替えて作業
  4. 作業をステージング(VScodeの場合は左上の+押すだけ)
  5. コミットメッセージをfeature(変更箇所): 内容またはfix(変更箇所): 内容などとしてコミット
  6. ローカルのfeature/xxxブランチからリモートのorigin feature/xxxブランチにプッシュする(コマンド: git push origin feature/xxx)
  7. プルリクのDetailに作業内容, Imageにスクショを貼って、ご確認お願いしますと記述、プルリクを出す
  8. プルリクがmargeされたら、issueをクローズ。(プルリク時にfix #(issue番号)と記述すると自動でクローズしてくれる)
  9. フェッチ(コマンド: git fetch —prune)をする(リモートで削除されているローカルのリモートブランチを削除してくれる)
  10. 1〜9を繰り返す

よく使うGitコマンド

直前のコミットのみを取り消す(作業内容は残す)

git reset —soft HEAD^

コミット履歴をみる

git reflog

git reset —soft HEAD^で取り消した変更を戻す

git reset —soft HEAD@{1}

ブランチ名を変える

git branch -m <新しいブランチ名> ※ローカルのmasterをブランチ名変えただけだとVScode上でpushしようとした時にorigin/masterにpushしようとしてできないのでgit push origin feature/xxxコマンドでリモートブランチにpushする


> 一覧に戻る